Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c6626817/public_html/ochame50.com/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
間愛を描いた映画|おちゃめな50代
おちゃめな50代
老いに抗い人生を楽しむ

美しい映画『エゴイスト』

美しい
映画の感想を一言でいうと、美しい。

久しぶりに美しい映画を観ました。

鈴木亮平さんと宮沢氷魚さんが主演の映画『エゴイスト』
2023年2月公開
原作はエッセイスト高山真さんの自伝的小説『エゴイスト』

エゴイスト (小学館文庫 た 42-1) amzn.to

594円 (2023年02月22日 17:17時点 詳しくはこちら) Amazon.co.jpで購入する


映画の紹介の文章などを読むとゲイ映画と紹介されていますが、いやいやこの映画は人間愛を描いた映画です。

愛おしい人を見つめる互いの目が
ただ美しくてうっとりしました。

愛ってなんですか?
エゴってなんですか?

映画を観終わった帰り道、愛とは?エゴとは?を考えさせられました。
劇中
「僕は愛が何なのか良く分からないです」
というセリフがあります。

エゴと聞くと、わがまま、自分勝手、自己中心といったネガティブなイメージですが、この映画で『エゴ』のイメージが変わりました。

愛する人の為に何かをしてあげたい、助けてあげたい。一見愛の押し付けのようにも思えますが、この映画のタイトル『エゴイスト』とは「私はこうしたい」という自分軸が立った者。
その自分軸が立った者同士の共存の物語だと思いました。

見どころ

  1. ドキュメンタリータッチで撮られているので、会話のシーンなどカメラが左右に振れて酔うーとなりますが、鈴木亮平さんが阿川佐和子さんに封筒を渡すシーン。
    ここの鈴木亮平さんの言葉の演技。 言葉に出そうとすると喉がきゅっと詰まって言葉が出てこない、そんなシーンです。
  2. 鈴木亮平さんのファッション
    ハイブランドに身を包む彼が素敵でもありせつない。
    お部屋の絵画、ソファ
  3. 宮沢氷魚さんの目
    愛おしい人を見つめつ目が素敵すぎる

おススメ映画です!ぜひ劇場で